<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カレー食堂 LITTLE SPICE リトルスパイス

部屋でゆったりくつろいでいた所、相方さんから連絡が入って急遽吉祥寺にご飯を食べに行くことに。
お気に入りのモールトンでちょいと行ってきました。ゴキゲンです^^
b0129766_9134055.jpg

以前から看板が気になって気になってしょうがなかったカレー屋。
仏頂面の猫の看板で、なんかにらまれている感じがするんですよね・・・
僕はブラックカレー、相方さんはチキンクリームカレーをチョイス。
うわ、いろんなスパイスの香りが次々出てきて面白い!普通のカレー屋では食べられない味だなぁ。
ちょっと辛さがきついかな?とも思いましたが、いやな辛さではなかったので大丈夫でした。
一緒に頼んだフレッシュヨーグルトドリンクとの相性もばっちり!
店員さんがちょっと無愛想だった気もしますが、変に話しかけられたりするよりも気楽でいいかな。
看板の表情ともシンクロしてますしね(笑
b0129766_9203317.jpg



住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 山田ビル2F
営業時間:
12:00-15:00 17:30-22:30(22:00ラスト オーダー) (火~金)
12:00-16:00 17:00-22:30(22:00ラスト オーダー) (土.日.祝)
定休日:月曜日
TEL:0422-20-7915
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-05-31 09:31 | Taste | Comments(0)

Moulton Deluxe - Sturmey Archer FW 調整が難しい!

モールトン関連のレポートがなかなか進んでいませんが、
実はもう近所を走り回ってます(笑
乗り心地はモールトン特有の長いホイールベースのおかげもあって非常に安定しており、
前後サスもしっかり効いていて、ロードと比べるとフワフワしていてなんだか落ち着きませんね^^;
苦労して手を入れきた事もあってとても気に入っています!
ですがここで大きな問題が一つ。

b0129766_7442255.jpg

FWハブの1速がひじょ~~~に入りにくい!!
片手だけでトリガー操作したところで無理です。両手で「ふんぬっ!」って感じでやっとこ入る感じでしょうか。
インジケーターチェンとワイヤーをつなぐケーブルアジャスター(写真参)をいじりすぎて指が痛くなってしまいました。

僕がよく参考にさせていただいている、ゆえむ様のページの掲示板に
最近タイミング良くこのハブの設定方法を詳しく解説されていたんですが、
当時のマニュアルを自分で翻訳したものを見つつ、その解説に従って調整してもなかなか改善されません
・・・トホホ・・・

1速目のギア自体には入っているんですが、引きの重いこと重いこと。
これはケーブル組み付けの際に塗り込んだグリスのせいではないはず。
2~4速ギアだけでも何の問題もないんですが、ホラ、なんか気持ち悪いじゃないですか・・・
こりゃハブをバラして、内部のおそらく硬化しているであろうオイルやゴミなんかを
掃除してやらないとダメですね。たぶん。
でもまぁ手のかかる子ほどなんとやらって言いますから^^

あ、リアキャリアを着けないで乗り続けているとシートチューブが曲がってくるという事例もあるようなので
早いとこタッチアップして取り付けなくては。
こっちは未だにほったらかし。

b0129766_7491972.jpg

[PR]
by Fmbelbalding | 2009-05-27 07:52 | Moulton | Comments(0)

papabubble パパブブレ

なにやら変わった名前のお店ですが、中野にあるキャンディーショップです。
b0129766_75935100.jpg

本店はスペインのバルセロナにあります。支店はアムステルダムと東京の2店のみ。
・・・てことは世界中で3店のみ!?・・・なかなかレアなお店ですね。
店内では若い男性の二人が飴を伸ばしたり切ったりしていて、
その周りに子供達がわんさか集まっています。出来たての飴を試食させてくれるんですね。
出来たてアツアツのキャンディーはたまらなくおいしかった!
これは人気出るわなー。
b0129766_759595.jpg

このキャンディーショップの素晴らしい所は、目を引くその繊細な細工にあります。
ちっちゃくてかわいい、まさに女性へのプレゼントに最適ですね。
僕も母の日用に2パック買い求めました。



公式ホームページ www.papabubble.com
住所 東京都中野区新井1-15-13
電話番号:03-5343-1286
営業時間:10:30~21:00(火~土) 10:30~19:00(日)
定休日:月曜日
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-05-20 08:03 | Taste | Comments(7)

KENWOOD Avino SE-7MD修理

もう10年くらい前でしょうか、学生時代にがんばってバイトしてお金を貯めて買った
「KENWOOD Avino SE-7MD」です。
b0129766_0443985.jpg

今となってはもう過去の物であるカセットデッキ「X-SE7」もオプションでつけて10万円以上したのを覚えています。
最近はほとんどCDで音楽を聴くことがなかったのですが、久々に出してみました。

すると、CDが認識されない・・・!!

何度出し入れしても「no disc」です。なんてこった・・・。

オーディオマニアの方から見れば初心者向けのコンポかもしれませんが
僕にとっては凄く思い入れのある機材なのです。なんとしても直さねば!
b0129766_0451364.jpg

ということで早速金属カバーを外して観察してみました。
「no disk」となる原因は、ほとんどがCDピックアップ部の不良だと聞いたことがあります。
市販のレンズクリーナーで直る場合もありますが、個人的にはやはり、基本は分解してみるのが一番だと思います。
ホコリがかぶさってるだけとかの場合もありますしね。

カバーをはずしたまま、何度かCDを入れたり出したりして動作を確認・・・
うーん、きちんとCD盤をラッチして回転させるところまではいっていますので、やはりCDピックアップが怪しい。
消毒用アルコールで掃除してみたところ、読み込み時間が多少増えました。やはり問題はここのようです。
ここは危険を承知で半固定されているレーザービームパワーボリュームを再調整してみます。
禁断の部分なので緊張が一気に高まります・・・
b0129766_0454784.jpg

ここのつまみを回しすぎるとレーザーダイオードの電流が上がりすぎ、CDピックアップそのものが逝ってしまわれます。
慎重に慎重に・・・。
b0129766_0461541.jpg

おー!!復活しました!!
非常にスムーズに認識しています。選曲動作も問題なし。
早速カバーをつけてCDを聞いてみます。

いやー、いい!低音がズンズンという感じではなく、まろやかな凄くいい音です。
純A級動作「ピュアAモード」たまりません!
しまったままのCD達も早速箱から出してやらねばなりません。
あ、もちろん音質には思い出補正も入ってますよ^^
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-05-07 00:50 | Others | Comments(0)

Moulton Deluxe - "Jon Bull" Handlebar grips掃除

いやぁゴールデンウィークですね。
やはりというか何というか、高速道路の混み様はすさまじいとか。
そんな中、僕は家でのんびりゴシゴシとモールトンのお掃除です。

b0129766_582183.jpg
オリジナル"Jon Bull"樹脂製ハンドルバーグリップ



傷だらけで色もくすんで茶色っぽくなってしまった物を紙ヤスリで一皮むいてやります。
その後はひたすらゴシゴシ磨いてやれば次第につるつるが復活。
深い傷まで消そうとして削りすぎないのがポイントですね。
左が処理後、右が処理前。分かりづらいですが実際はかなり色が違います。

で、ちょっと実験的にですが塗装を剥離してみました。モノはリアキャリアの支柱の一部、
フレームに固定する部分ですね。
塗装に関しては出来るだけオリジナルを残しておきたいと思っているのですが
ここまで錆びていますとどうにもなりません。塗装も手で触っただけでボロボロはがれてしまう状態。
市販の剥離剤でいけるかなぁ・・・?

b0129766_5183353.jpg


b0129766_51985.jpg

おお!見事にペリペリと浮いてきます。これは気持ちいいなぁ^^
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-05-03 05:28 | Moulton | Comments(0)