<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シュラック仕上げ - ニス作り

今回は大分前のネタなんですが、なんだかもったいないので
今更紹介してみたいと思います。以前紹介した材料を使い、
誰もが憧れる、ハンドルバーにシュラックニス仕上げ!!に挑戦してみました。
b0129766_954947.jpg

本来は南米のカイガラムシという虫の体液をアルコールで溶いた物で、
現在では化学用品で代用している物も見かけますが、今回は古くから伝わる手法でチャレンジ。
なんでもアレルギー症状が出ることが無く、インテリア用品やバイオリン、
果ては飴やチョコレートの艶出しにも用いられてきたそうです。
食べても平気なんですね、あ、でも虫の体液と知っていたら…食べる子供は少ないかも(笑
b0129766_9543123.jpg

精製の段階で数多くの種類に分類され、ガーネットラック、ルビーラック、レモンラック、ブロンズラック等々
色の濃さも変わり、漂白された物もあります。
バイオリンなどには未精製の物が好まれるそうです。音響的にも違いがあるとか。ホンマかいな?

高名なRene Herse 、Alex SINGERにも好まれて使用されていますので
自転車好きなら見たことはあると思いますが、意外と簡単&リーズナブルに出来るみたいです。
これはやらない手はない!ということでまずニス作りから。

といっても分量を間違えずにきちんと計算して瓶に入れ、溶けるのを待つだけです。
b0129766_9541267.jpg
ね、簡単でしょ?^^
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-03-27 09:59 | Bicycle | Comments(0)

Moulton Deluxe - G.B. Sprite T91掃除

b0129766_13524823.jpg

さて、こいつは僕のモールトンについていたブレーキアーチです。
「the Moulton bicycle」にも明記されているとおり
初期のシリーズ1にはこのG.B.製Sprite T91で間違いありませんが
最初期の車体には同じくG.B.製Sports Mk3がつきます。
こっちの方がSprite T91よりかっこいいんですよね-!刻印とか、いかにもな感じで好みです。
僕のモールトンがもし交換されていたなら迷うことなくSports Mk3を着けるところですが
有難いことに交換されてはいないのでこのままオリジナルでいきましょう。

ところでこの最初期の車体ってどれくらい市販されたんでしょうか?
1962年のサイクルショーで発表されたのは間違いないのですが
1963年、本格的に生産が開始されてからほとんど生産されてないんじゃないのかなぁ・・・

さて、まずは分解。シングルピポットってホント単純な構造だなーと思いつつ
白く曇っているアルミ地を磨きます。
b0129766_1412123.jpg

ゴシゴシひたすら水研ぎします、ゴシゴシ・・・

b0129766_14131071.jpg

おおーっ!結構ピカピカになりました!G.B.製ステム同様材質がいいのかな?
まだ取れてない傷もありますが、その辺は長い年月の証ということで^^;

b0129766_14204095.jpg

グリスをチマチマつけながら組み立てて完成。
リアのみスプリングが堅めだったのでペンチでちょっといじってます。
シューもそのままだけど、効くのかなぁ?雨の日とかは怖そうですね。
クールストップに交換も視野に入れておきましょう。
もちろん雨の日に乗る気はまったくありませんが(笑)
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-03-24 14:25 | Moulton | Comments(0)

武蔵家 別館

b0129766_7123697.jpg

やっとひと仕事の区切りがつきました!
今回は精神的に疲れましたがなんとかモノになったと思います。
でもまたすぐに忙しくなるんです、この時期は。仕事があるだけ有難いことなのですが^^;
写真は僕のお気に入り、「マントロ」の兄弟分「じゃわトロ」
油そばとカレーを一緒にしたような感じです。
ここのところ毎日のように通ってますが頼むのは初めて。
器が熱くてグラグラ煮立ったままで食欲をそそります!
毎回どれ食べようか迷うんですが、結局マントロになっちゃうんですよね~
中毒性あるなぁ。

お腹が空いてるときには「スタミナ野郎丼」もオススメ。がっつり胃もたれしますよ(笑
b0129766_715772.jpg

[PR]
by Fmbelbalding | 2009-03-11 07:15 | Taste | Comments(0)