カテゴリ:Moulton( 54 )

Fモールトンの種類

Fモールトンの種類
勉強熱心なF井さんによって日本語訳され、とても分かりやすくまとまっています。
F型モールトンに興味のある方なら是非ご覧になってください。

これだけ大量に訳すなんて英語の苦手な僕にはとても真似できません。素晴らしいです!!
[PR]
by fmbelbalding | 2011-01-12 19:51 | Moulton | Comments(2)

Moulton Deluxe - フロントランプ球交換

b0129766_09425973.jpg

最初からついていた英製の豆球は点灯のみ確認してすぐ取り外して保存。
変わりにごくごく普通の6v2.4w豆電球を入れてたんだけど、どうも暗い…
なので、オークションに出ていた同口金で高輝度LEDを仕込んだ物に交換してありました。
明るさは以前よりも明るくなり、速度の遅い、歩きながら押している時などは
点滅するので(ダイノハブが交流の為)、車からの視認性も良くなり、ほぼ満足してました。

不満と言ったら光の色が白すぎて落ち着かないことくらい(笑)
でもやっぱりモールトンには似合わない気がして今度はハロゲン球に交換。
フロントランプは橙の暖かい光じゃないとね^^



豆電球の明るさはガラス内のガスによって変わり、
b0129766_09430076.jpg

真空→アルゴンガス→クリプトンガス→クセノンガス→ハロゲンガス

の順に明るくなるので、この電球が一番明るいはず!!
と思ったんですがあんまり差は無かったです…こんなもんなのかなぁ?^^;
[PR]
by fmbelbalding | 2011-01-11 03:26 | Moulton | Comments(7)

Moulton Deluxe - Sturmey Archer GH6掃除

b0129766_09223047.jpg
この一年間、暗い夜道を毎日照らしてくれたハブ。
1962年製ですが頼りになるバリバリの現役選手です。
正確にはダイナモハブではなくダイノハブと呼びます。

全て分解してしまうと磁力が弱まるという危険性もありますが
ここはひとつ、感謝の気持ちでお掃除してあげましょう。来年もよろしくね^^

参考資料「TO RE-ASSEMBLETHE GH6 HUB」
英語が大の苦手な僕でも、がんばってがんばってめちゃくちゃがんばると何とか訳せます。
翻訳サイトってすごい!
[PR]
by fmbelbalding | 2010-12-30 18:21 | Moulton | Comments(3)

できればハブも磨いてあげよう

b0129766_08012279.jpg

普段乗りの自転車でもこまめにメンテナンスすることはとても大切です。
ハブを磨くことも面倒がらずしてやった方がいいでしょう。
綺麗な布と水を入れた霧吹き(相方さんの化粧水の瓶)を使って
10分くらいで手早く済ませます。あんまり気負わずに。
僕のモールトンに装着されていた62年製Sturmey Archer FW
さっと拭いてやるだけでピカピカになりますので掃除のしがいがあります。

スポークが汚れているのでステンレス製に…

…などと考えてはいけません。
こちらもSturmey Archer製、rustless処理された純正品の鉄スポークです。
可能な限りオリジナルを残したい。
[PR]
by fmbelbalding | 2010-10-07 05:50 | Moulton | Comments(0)

MOULTON BOOK 2010

b0129766_17532442.jpg

先日行われたアレックスモールトン自転車展の記念BOOKが発刊されるそうですね。

STUDIO TORICO

やはりというか、ちとお値段お高めな気が・・・
僕の欲しい感じではない気がするんですが、結局買っちゃうんだろうなぁ^^;
[PR]
by fmbelbalding | 2010-09-26 10:35 | Moulton | Comments(0)

カーグラフィックTV「モールトン城訪問の記録」

b0129766_4482337.jpg

メインの映像は95年放映の再放送らしいのですが、未見だったので存分に楽しめました。
ラバーコーンやリムの製造過程は一見の価値有り!
あと、ホイール組の名人のおじいちゃんにスポットを当てたのも良かったです^^
[PR]
by Fmbelbalding | 2010-06-21 04:55 | Moulton | Comments(0)

Middlemore's S88のヤグラ

僕のモールトンについていた純正品のサドル。
スプリングが効いてとても乗り心地がいいんですが、乗っているとなぜか角度が変わってしまいます。
初めはナットの締め方が足りないのかと思って、何度も何度も増し締めしていましたが、
何度締め直してもダメだったので外して細部を確認してみました。
原因は菊座の山がつぶれてつるつるになっている事でした…当たり前か…ガックリ

b0129766_173728.jpg
ワイヤーベースと板ベース2つの種類があるようですが、今まで見た中だと板の方がかなり数が少ないです。
でもまあ年代ではっきり分かれている訳でも無さそうなので別にどっちでもよかったのかな?

僕のについていたヤグラは板ベースを押さえるタイプのちょっと珍しい物なのでなんとか復活させなければ。
かすかに残っているスリットに沿って三角ヤスリでゴリゴリと山を作っていきます。
菊座の中心上にヤスリが通るように気をつけながら、ただひたすらゴリゴリ。
かなり深くまで作らないとうまく噛み合いませんので思い切って削ります。

b0129766_17372851.jpg

[PR]
by Fmbelbalding | 2010-04-29 17:38 | Moulton | Comments(0)

Alex Moulton MDev 90

b0129766_7111738.jpg
え!?シートチューブ、ヘッドチューブ以外は・・・カ・・・カーぼんですか・・・?
えぇ~・・・(T_T)
[PR]
by Fmbelbalding | 2010-04-11 07:12 | Moulton | Comments(0)

The new F-frame Moulton

b0129766_173958.jpg
4月9日はモールトン博士90歳の誕生日、そしてついに発表されました。
全く新しい形状だと思っていたんですが、これはMk3というか、Fフレームとスペースフレームの合いの子のような感じですね。

レイノルズ953オールステンレスフレーム、Duomaticハブ、17インチホイール、
特筆するのはサドルで、BROOKSスイフトチタンモデルにAMマークが入り、さらに博士の年齢90が刻まれます。
0-90までのシリアルナンバーが入るようですので世界で91個限定でしょうか?

あ、製造終了したはずのWOLBER-MOULTONタイヤが。また大量に在庫が見つかったのかな?
シートポストやペダルを見ると・・・日本人としてはちょっとうれしいですよね^^

しかし美しい自転車です。個人的にはシートチューブのバッジがすごく気になります。
”老いてますます盛んなり”誕生日おめでとうございます。
[PR]
by Fmbelbalding | 2010-04-10 01:11 | Moulton | Comments(0)

The 'classic' Moulton Poster

b0129766_11584821.jpg

我ながらなかなか良い感じに飾れたんじゃないでしょうか?^^
ですが残念なことが一つ。
僕のと同じ赤いビリヤードキューのdeluxeは載ってないのです…。
[PR]
by Fmbelbalding | 2009-12-19 12:02 | Moulton | Comments(2)